いちご鼻 洗顔

いちご鼻を治す洗顔料おすすめランキング

いちご鼻を洗顔で治す際には、ぬるま湯が良いとよくいわれます。
顔を洗う際に使うぬるま湯の、具体的な温度は何度が良いのでしょうか。

 

素洗いやすすぎをする時の温度は、30度くらいが良いと言われます。
手で触ってみて少し冷たいくらの温度です。

 

いちご鼻を治すために洗顔するときの最適な温度って結局、
何度が一番良いかというと、ずばり32度がベストです。

 

その理由は、毛穴から分泌される皮脂が溶け出すのが30度〜32度くらいだからです。

 

いちご鼻を治すための洗顔は、
肌の余計な皮脂を取りながら肌に必要な皮脂は残すのが目的なので、
ベストの温度は32度になります。

 

もちろん、肌質やその日の肌の状態によって違ってきますが、
一応の結論は32度ということになります。

 

いちご鼻を治すため洗顔する時の温度にこだわるのは、
35度以上のお湯を使うと、重要な保湿成分まで削ぎ落とされてしまうからです。

 

もし35度以上になると、
角質層のバリア機能をサポートしてくれる肌に必要な皮脂まで流してしまうことになります。

 

いちご鼻を治すためには洗顔する時の温度を32度くらいにすれば、
ちょうど余分な皮脂だけ流してくれるので、肌に必要な皮脂は残ります。
オススメ:いちご鼻 治す

 

角質層の中にあるセラミドやNMFなどの保湿成分は、流さないようにしないといけません。

 

洗顔後には保湿をしっかり!

 

いちご鼻を治すためには洗顔後に化粧水を付けないと、
乾燥したり、ニキビになったり、肌荒れが発生することがあるので注意しないといけません。

 

但し、一般的には、特に化粧水をつけなければ、
トラブルに必ず見舞われるということはありません。

 

化粧水には、それほど保湿力はないからです。

 

もし特に肌トラブルなどがない人であれば、
顔を洗った後でも化粧水を付けなくても大丈夫です。

 

ただ、いちご鼻や乾燥肌などの人で、保湿機能が低下している人は、
洗顔後、化粧水を付けないと、肌が悪化する恐れがあります。

 

「顔を洗ったあと、化粧水を付けないとかなり肌がつっぱって乾燥する」
「また、ニキビも増えて皮脂もたくさん出る」

 

・・・そんな人は、いちご鼻を解消するためにも、洗顔後の化粧水は必須です。

 

化粧水を付けないと、乾燥したりニキビが発生するかは、人それぞれ。
その時の肌状態によって変わってきます。

 

顔を洗った後にいつも使っていた化粧水を1ヶ月ほど止めたところ、
一時的に乾燥や毛穴の黒ずみは酷くなっても、

 

「結果的に肌の状態が改善した!」

 

というケースもたくさんあります。
しかし悪化する場合もあり、使っている化粧水にもよります。

 

いちご鼻を治すための洗顔をした後、
化粧水を使ったほうが肌の状態が良ければ、使い続ければいいのです。

 

化粧水が原因で肌が乾燥したり、
ニキビ・毛穴の黒ずみがひどくなってしまう場合は、一刻も早く化粧水の使用をやめましょう。

 

化粧水の付け過ぎはNG!

 

化粧水をたくさんつけるのはNGです。
なぜなら、つけすぎると過乾燥になるからです。

 

化粧水は乾燥を改善する効果は確かにあるのですが、
肌の水分量には上限があります。

 

だからたくさんつけると肌に負担がかかってしまいます。
つけすぎると肌が傷つき、乾燥しやすくなるのです。

 

化粧水をたくさんつけすぎると、肌に様々な弊害が生じます。

 

肌の水分保持量を超えているのに大量に化粧水を付けると、
過乾燥といって、逆に肌が乾燥してしまうのです。

 

また、それだけでなく、肌の保湿機能まで衰えてしまいます。
ニキビや肌荒れを誘発し、かゆみや赤身を悪化させる恐れもあります。

 

化粧水をたくさんつけるのはNGで、つけすぎると慢性的な乾燥肌になってしまいます。

 

長い目で見れば、肌を老化させることになり、
過乾燥になると毛穴の開きも目立つようになります。

 

どれくらいがつけすぎなのかは人それぞれで違うので何とも言えませんが、
多くても3回くらいの重ねづけが限度です。

 

化粧水をたくさんつけすぎると、肌本来の力が衰え、
肌が弱くなってしまうので注意しないといけません。